離婚が認められる理由「配偶者の不貞行為」

離婚が認められる理由とは

HOME > 離婚が認められる理由「配偶者の不貞行為」
  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 生死不明
  • 強度精神障害
  • その他の理由

不貞行為が原因の離婚とは?

「配偶者の不貞行為」イメージ画像 離婚の原因には様々なケースがあります。
勿論パートナーの浮気・不貞行為は離婚のひとつの原因ですが、多く寄せられる相談のなかには、複数の原因があることもあります。
あなたは、パートナーから離婚原因となりうる他の問題も受けていませんか?原因が多数あれば、それぞれを立証できる材料を揃えることにより、離婚が更に有利に進められることがあります。

不貞行為とは

「配偶者のある者が、自由な意思にもとづいて配偶者以外の異性と性的関係をもつこと」簡単に言えば、結婚している人もしくは婚約中の人がパートナー以外の人と性的関係をもつことが不貞行為としてみなされるのです。
夫婦は同居し、互いに協力し、扶助しなければならない義務を負っています。この同居・協力・扶助義務の中には、あなた、パートナーとも互いに貞操を守る義務が含まれています。この義務に反してパートナーが不貞行為を行ったという場合には、あなたはパートナーの不貞行為を理由に離婚の請求をすることができます。

夫婦関係破綻時では不貞行為ではない

あなたとパートナーが離婚を前提に別居または既に家庭内別居状態であるなど、夫婦生活破綻状態での配偶者以外との性的関係は不貞とみなされないケースがあります。
パートナーと浮気相手が夫婦生活破綻前から交際しており、不貞が発覚したのが破綻後である場合は認められるケースもあります。ただし、破綻前からのパートナーの浮気の証拠が必要とされます。

一度だけの浮気は不貞ではない?

一度であっても、パートナーが浮気した場合、当然不貞行為として認められますが、過去の判例では一度だけの不貞行為の証拠で離婚を認められた判例が無いのです。
あくまで、裁判での不貞行為とは、ある程度継続的で肉体関係を伴う男女関係を意味するようです。
これが、「浮気調査による不貞行為の証拠は複数回分必要である」と言われる所以です。当然、複数回の不貞行為の証拠が押さえられていれば、認められているケースがほとんどです。
しかし、パートナーの一度の不貞行為の発覚が原因で夫婦関係に大きな亀裂が入り、婚姻を継続し難い事由として扱わせる方法も考えられると思われます。

不貞行為をしたパートナーから離婚の申入れは通る?

「有責配偶者(あなたのパートナー)」からの離婚の申立ては原則認められていません。
あなたが離婚に合意したときのみ認められるとされています。

 
このページの先頭へ
  • 浮気調査無料相談フリーダイヤル0120-588-287
  • 浮気調査無料相談フリーダイヤル0120-588-287
  • 浮気度診断
  • 5万円でできる浮気調査
  • GPS位置確認装置レンタルサービス

浮気調査対象エリア

京都府全域
京都市・亀岡市・福知山市など京都府全域
※京都府の調査地域の詳細→
大阪府全域
大阪市・堺市・高槻市など大阪府全域
※大阪府の調査地域の詳細→
兵庫県全域
神戸市・西宮市・姫路市など兵庫県全域
※兵庫県の調査地域の詳細→
滋賀県全域
大津市・草津市・彦根市など滋賀県全域
※滋賀県の調査地域の詳細→
奈良県全域
奈良市・生駒市・桜井市など奈良県全域
※奈良県の調査地域の詳細→
国内全域
全国ネットワークにより国内全域
※全国ネットワークの詳細→
  • 公安員会届出証明番号:第61080024号
 
  • 国民生活センター
  • 京都府ホームページ
  • 京都府警察

探偵事務所興信所チェース京都:公安委員会届出済(探偵業届出証明番号 第61080024号)
Copyright (C) 2008 CHASE-KYOTO. All Rights Reserved.