浮気の心理 男性の浮気傾向

浮気の心理 男性の浮気傾向

HOME > 浮気の心理 男性の浮気傾向

男女の別れと心理

浮気の心理「男性の浮気傾向」イメージ画像 男女の別れを切り出すのは圧倒的に女性から。
男性は別れた後も相手のことが忘れられず、いつまでも引きずる傾向があります。
女性は、一日でも早く相手のことを忘れようとしたり、相手のことを忘れるために新しい恋を探したり、友人と一緒に居る時間を増やす傾向にありますし、女性は、一度別れると二度と連絡を取らないという人が多いと思いますが、逆に男性は「別れても友達」と話す人が多くありませんか?
男性から別れを切り出す場合には、相手のことが理由ではなく自分勝手な理由で別れを切り出すケースが多く見られます。
たとえ別れても「嫌われずに別れたい」「自分を悪者にしたくない」「別れても自分の都合でいつでも会える関係を残しておきたい」と、そんな自分勝手な考えをもったり、交際中・婚姻中であってもパートナー以外に好きな人ができるとスグに結論を出そうとせず、あわよくばどちらもキープしておきたいと考えます。

男の自分勝手は生まれつき?

動物行動学によると「オスは自分の遺伝子をできるだけ広めたい。一方で自分の遺伝子か確信ができないのでメスに他の遺伝子が入らないよう見張る習性がある」そうです。
これは、人間の「嫉妬」のエネルギーと一緒。
男は自らの遺伝子を広げるためにあちこちの女性に興味を持ち浮気行為を行うが、自分の妻や彼女が浮気をすると烈火のごとく怒りだします。
「男が浮気をするのはDNAに仕組まれた本能だから浮気をするのは仕方がない」と言い訳をする男性がいますが、人間には理性があり日本には法律があります。 法律で一夫一婦制が定められている日本では「浮気という不貞行為は法律で禁止された行為」なのです。

男にも更年期がある?

女性の場合、40代になると身体的な変化が出て更年期と呼ばれる不調に日々悩まされます。もちろん、精神的な変化も現れ、うつ病などに悩まされる方もいらっしゃるでしょう。
男性の更年期の症状は精神的なことに出やすいようです。
家族の中での疎外感「自分を誰も大事に思ってくれていないのではないか?」「このまま年を取り、老後を迎えてしまうのか?」「まだ一花咲かせることが出来るはずだ」そんな考えを持ってしまう人が多く、熟年の浮気はこんなことから始まるケースがほとんどです。

・勤務先や常連のお店なでどの顔見知りでも、男性として扱われると、つい心を奪われてしまう。
・浮気相手に夢中になってしまい「本気」に陥りやすい。
・自分を縛る家庭・妻・子供を邪魔に感じだしきつくあたってしまう。
・自分のおかれた状況に日々悩み、考え事をすることが多くなる。

 
このページの先頭へ
  • 浮気調査無料相談フリーダイヤル0120-588-287
  • 浮気調査無料相談フリーダイヤル0120-588-287
  • 浮気度診断
  • 5万円でできる浮気調査
  • GPS位置確認装置レンタルサービス

浮気調査対象エリア

京都府全域
京都市・亀岡市・福知山市など京都府全域
※京都府の調査地域の詳細→
大阪府全域
大阪市・堺市・高槻市など大阪府全域
※大阪府の調査地域の詳細→
兵庫県全域
神戸市・西宮市・姫路市など兵庫県全域
※兵庫県の調査地域の詳細→
滋賀県全域
大津市・草津市・彦根市など滋賀県全域
※滋賀県の調査地域の詳細→
奈良県全域
奈良市・生駒市・桜井市など奈良県全域
※奈良県の調査地域の詳細→
国内全域
全国ネットワークにより国内全域
※全国ネットワークの詳細→
  • 公安員会届出証明番号:第61080024号
 
  • 国民生活センター
  • 京都府ホームページ
  • 京都府警察

探偵事務所興信所チェース京都:公安委員会届出済(探偵業届出証明番号 第61080024号)
Copyright (C) 2008 CHASE-KYOTO. All Rights Reserved.