離婚が認められる理由「配偶者による悪意の遺棄」

離婚が認められる理由とは

HOME > 離婚が認められる理由「配偶者による悪意の遺棄」
  • 不貞行為
  • 悪意の遺棄
  • 生死不明
  • 強度精神障害
  • その他の理由

配偶者による悪意の遺棄とは?

「配偶者による悪意の遺棄」イメージ画像 「夫婦は同居し、お互いに協力、扶助し合わなければなりません。これを法律用語では、「同居義務」「協力義務」「扶助義務」と言いますが、これに反する行為を「悪意の遺棄」と言います。

 

悪意の遺棄に該当する行為

  • ・配偶者としての扱いをせず生活費をあなたに渡さない
  • ・理由も無いのにあなたとの同居を拒否する
  • ・パートナーが家出を繰り返す
  • ・パートナーがあなたを肉体的・精神的に虐待し、追い出したり、家を出ざるを得ないようにしむける
  • ・生活費はきちんと送ってくるが、愛人宅にいりびたって帰ってこない
  • ・生活費を送る約束で別居したのに生活費を送らない
  • ・パートナーは心身健康であるが、働こうとせず、あなたの稼ぎで生活している
  • ・単身赴任のパートナーがあなたやお子さんの生活費を送金しない

このような行為はあなたとの生活を送る意思がなく、家族を養う考えが欠落していると考えられ、「悪意の遺棄」であると判断されます。

このような場合は「悪意の遺棄」に該当しない

  • ・仕事上の出張、転勤による単身赴任による別居
  • ・うまくいかなくなった夫婦関係を調整するための冷却期間を置く別居
  • ・子どもの教育上必要な別居
  • ・病気治療のための別居

あくまで夫婦間、家族間の将来を見据え、将来のための別居であれば、当然「悪意の遺棄」とは認められません。

「悪意の遺棄」と認められる期間

「生死の不明」とは異なり「悪意の遺棄」には正式な期間は決められていません。過去の判例を参考にしますと、2ヶ月間の遺棄により離婚を認められたケースもあります。

 
このページの先頭へ
  • 浮気調査無料相談フリーダイヤル0120-588-287
  • 浮気調査無料相談フリーダイヤル0120-588-287
  • 浮気度診断
  • 5万円でできる浮気調査
  • GPS位置確認装置レンタルサービス

浮気調査対象エリア

京都府全域
京都市・亀岡市・福知山市など京都府全域
※京都府の調査地域の詳細→
大阪府全域
大阪市・堺市・高槻市など大阪府全域
※大阪府の調査地域の詳細→
兵庫県全域
神戸市・西宮市・姫路市など兵庫県全域
※兵庫県の調査地域の詳細→
滋賀県全域
大津市・草津市・彦根市など滋賀県全域
※滋賀県の調査地域の詳細→
奈良県全域
奈良市・生駒市・桜井市など奈良県全域
※奈良県の調査地域の詳細→
国内全域
全国ネットワークにより国内全域
※全国ネットワークの詳細→
  • 公安員会届出証明番号:第61080024号
 
  • 国民生活センター
  • 京都府ホームページ
  • 京都府警察

探偵事務所興信所チェース京都:公安委員会届出済(探偵業届出証明番号 第61080024号)
Copyright (C) 2008 CHASE-KYOTO. All Rights Reserved.